INTERVIEW

総務課 堀本 泰洋

学んだのは、良い製品は
「良い環境」と「良い人たち」
によって出来上がること!

堀本 泰洋 Horimoto Yasuhiro

2016年3月入社
卒業校:兵庫県立大学 理学部

Q.入社の決め手

当時、私の面接に立ち会ってくださった人事部長に魅了されたことが一番の決め手です。
とにかく温和で私の話をじっくり聞いてくれるところ。
そして良いところは良いと褒め、間違っているところは優しく正しい方向を指し示してくれる。そこに惹かれましたね。
実は私は途中入社で、以前は製造現場で「ものづくり」の仕事に携わっていました。
そこで実感したのは、良い製品は良い環境と良いヒトたちが揃って初めて出来上がるということ。
この人の下でなら、自分自身が経験した苦い経験を活かせると感じたからです。現場で働く人たちにとって、少しでも働き易い環境づくりに貢献したい!そう思いました。

Q.現在の仕事内容は?

現在は、主に採用業務とベトナム人実習生の日本語教育を担当しています。
当社では定期的に外国人実習生を受け入れているため、監督官庁への書類申請なども併せて行います。
また、神田工業では社員同士の親睦のため、毎月のように社内イベントを開催しています。その企画から準備も私の担当。
何かと大変ですが、社員の方から「毎月楽しみにしているよ!」という声を聞くと本当に嬉しいですね。
イベント風景はブログにも上げていますので、ぜひチェックしてみてください!

Q.うれしかったことは?

うれしかったことは、入社当初からの目標である「現場の人たちの働き易い環境づくり」の第一歩が踏み出せたことです。
その結果、みんなから気軽に話しかけてもられるようになりました。
きっかけは、きっかけは、個人面談などで、「上司や周りに伝えにくいことがあれば、私になんでも話してくださいね」と伝えることから始めました。
まずは現状をじっくり聞き、そのあとでどうしたら改善できるかを一緒に考えるようにしました。
それから部内で相談し改善に向けて動きます。
面談した社員の方から「前言ったことが改善されて本当に助かったよ」と声を掛けていただけるのがうれしいですね。
これからもより良い職場環境づくりのために、現場のみなさんの声に耳を傾けていきたいです。