品質への取り組み/CSR

品質方針

神田工業株式会社品質方針
《 理 念 》
当社は経営理念の基、お客様に満足して頂ける製品を提供し続ける事が、会社の維持・発展の重要課題であると認識し、品質マネジメントシステムの適切な運用により、その品質の維持・向上に努めます。

1.信頼性の高い製品をより多く社会に提供する。
2.顧客の要望に応え、信用・信頼される会社となる。
3.働く者全員で会社を運営する。
4.関連法規および社会的要求事項の遵守。

《 方 針 》
1. 当社が適応を受ける法規制、顧客要求事項、当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
2. 品質目標を各工場・工場内各機能で設定し、目標達成への活動を展開します。
品質目標の具体的枠組みとして、以下の項目をあげます。
  i. 顧客満足度の向上(品質・納期・価格等)。
  ii.顧客クレームの撲滅。
  iii.プロジェクトの展開(歩留まり向上等)。
3. 品質マネジメントシステムを全従業員に浸透させて、その有効性を継続的に改善します。

《 スローガン 》
お客様の要求事項(品質・納期・価格)を確実に満たして行くことにより、お客様から「信用・信頼」される会社となる。

品質マネジメントシステム

神田工業の品質マネジメントシステム図

品質マネジメント[ISO9001]認証取得

■ 認証取得組織
本社・本社工場・熊本事業所・福島工場
■ 登録範囲

液晶モジュールの組立、バックライトの組立、プリント基板の実装・組立、電子ペーパー部品の組立
■ 取得日
2003年11月10日

【品質マネジメントシステム(ISO9001)とは】
ISOとは国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称で、 国際的な取り引きや協力を促進するため、あらゆる分野における国際規格の制定を行っている 非政府機関(NGO)です。ISO9001は製品自体の信頼性を保証するのではなく、 国や地域によって異なる品質管理のシステムを審査登録機関が検査し、 品質保証システムが適切に機能していることを制度的に保証するものです。


社会的取り組み/CSR

人権尊重

神田工業では、「人権の尊重」について下記概念を持って行動するように努めて参ります。

1) 人権の固有性
※人権が憲法や天皇から恩恵として与えられたものではなく、人間であることにより当然に有するとされる権利である。

2) 人権の不可侵性
※人権が原則として公権力によって侵されない。

3) 人権の普遍性
※人権は、人種、性、身分などの区別に関係なく、人間であるというただそれだけで当然にすべて享有できる権利である。

働きやすい環境づくり

神田工業では、派遣・パートを含め全従業員が能力を十分発揮出来るような環境づくりを目指しています。
又、社員の方が活き活きと仕事をし、「やりがい」や「満足感」を実感できる環境づくりにも取り組んでいます

【人事考課制度】
社員の働きがいと業績向上を図るため、人事考課制度を導入しています。
考課結果は昇給や賞与などの処遇にも反映されますが、社員の指導・育成を主な目的としています。

【社員の健康管理】
定期健康診断を実施するとともに、再検診や精密検査の判定を受けた方に対してのフォローも実施しています。
1) 再検診を促す
2) 受診状況の把握
※受診結果については、個人情報の為 情報提供は求めません。


環境への取り組み/CSR

環境方針

神田工業株式会社環境方針

《 理 念 》
神田工業株式会社は、「ものづくりを通じ世界の発展に貢献する」の理念を基に、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つである事を認識し『自然環境の保全に努め、環境に配慮したより良い企業活動を行う』ことを環境基本理念とします。
《 方 針 》
神田工業株式会社は、液晶モジュールの組立及びバックライトの組立、電子ディスプレイの組立、各種プリント基板回路の実装を行っている事を踏まえ以下の方針を定め環境保全活動を推進します。
  1. 当社の事業活動が、環境に与える影響を常に意識し、環境汚染予防に関する約束を守り、環境を配慮した環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  2. 当社が適用を受ける環境関連の法規制、及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  3. 環境保全活動を推進するにあたり、次の項目について重点的に取り組みます。
  4. 1) 地球温暖化防止の為に省エネを推進、「電気エネルギ-の削減(CO2削減)」等。
    2) 省資源化、リサイクル化の推進、「廃棄物の適正処理・削減」等。
    3) 環境負荷物質の適正管理と削減への取り組みを推進、「グリーン調達を推進して、RoHS指令等に対応」等。
    4) 生物多様性保全の為の取り組みを推進。
  5. この環境方針の達成のため環境目的・目標を設定し、当社の組織で働く人又は組織の為に働く全ての人に周知徹底し、
    環境マネジメントプログラムを実行します。
  6. この環境方針は、社内外に公表します。
神田工業株式会社
代表取締役社長
髙島禎治


環境マネジメントシステム

神田工業の環境マネジメントシステム図


環境マネジメント[ISO14001]認証取得

■ 認証取得組織
本社・本社工場・熊本事業所・福島工場
■ 登録範囲

電子機器用部品の加工及び組立
■ 取得日
2001年6月27日

【環境マネジメントシステム(ISO14001)とは 】
ISOとは国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称で、 国際的な取引や協力を促進するため、幅広い分野で、世界標準を決めるための活動を行っている非政府機関(NGO)です。 ISO14001は環境分野に関する国際的な標準規格で、あらゆる事業活動において環境に与えている負荷を認識し、 その負荷を継続的に低減していくための仕組みを取り決めた規格です。 ISOの認証は、ISO14001に基づき環境管理システムを構築した企業や団体などの組織に対して認証機関より、その適合性を保証されることです。


環境活動の実施